【スポンサードリンク】

  
1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/12(火) 10:52:50.84 ID:0biEU1wq9.net

英国のKSI(26)と、米国のローガン・ポール(24)という2人のユーチューバーセレブリティが9日(日本時間10日)、
米国ロスのステイブルズセンターで満員のファンを集めクルーザー級の6ラウンド、10オンスのグローブを使ったボクシングルールで対戦し大きな話題を集めた。
2人はそれぞれ世界中に2000万人前後のユーチューブ登録者を持つモンスターユーチューバーで昨年8月に英国でヘッドギアをつけたアマチュアルールで対戦し引き分けに終わっていた。
KSIは、アマチュアボクシングの経験が多少あるが、ポールはレスリング出身でボクシングは完全な素人。
両者は、トレーニングを積み、今回はカリフォルニア州のアスレチックスコミッションからボクシングライセンスを交付され、プロとしての資格を得てリングに立った。

試合は、“経験者”のKSIが積極的に攻め、体格で上回るポールがカウンターを狙うという展開。2ラウンドにKSIの右のオーバハンドのフックがヒットしてポールはバランスを崩したが、ダウンではなく「スリップ」の判定。
4ラウンドにはポールの右アッパーが決まって、KSIはダウンしたが、右手で後頭部をつかみ左アッパーを追い打ち、さらにダウンした後にパンチを繰り出したことから、2つのパンチを反則とみなし「減点2」を取られた。 

結局、判定にもつれこみ、「57-54」「56-55」で2人がKSI、「55-56」で1人がポールを支持し、2-1判定でKSIが勝利。
試合後、ポールは、3日前から体調を崩して練習をできなかったことや、「2点の減点はおかしい。委員会に抗議する」と訴え、同時に3度目の対戦を要求した。
だが、勝者のKSIは「もうこれですべて終了。オレは次へ進む」と相手にしなかった。ちなみにKSIが、次にボクシングでの対戦を要求しているのは、この日、ポールと共に入場してきた人気歌手のジャスティン・ビーバー。

この試合は、ボクシングの大手プロモーターであるマッチルームのエディ・ハーン氏が、てがけて「DAZN」で欧米に配信された。
また、この色モノのノンタイトル戦がメインで、前座にWBO世界スーパーミドル級王者、ビリー ジョー・サンダース(英国)の初防衛戦と、WBC世界ライト級王者、:デビン ハニー(米国)の初防衛戦が組まれていたことから世界中で多くの賛否が巻き起こった。

英国のインディペンデント紙は、2人が、それぞれ90万ドル(約9800万円)の報酬を得るとの推測があることを紹介した上で「スポーツファンにとって、(この夜に)与えられた答えよりも多くの疑問を生じさせるイベントとなった」と疑問を呈した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00010001-wordleafs-fight
11/12(火) 7:01配信


(出典 livedoor.blogimg.jp)


(出典 amd.c.yimg.jp)


(出典 giwiz-content.c.yimg.jp)

https://img.sp.m.jiji.com/image/out/AFP039346_00.pre


(出典 Youtube)

KSI VS. Logan Paul - FULL FIGHT #KSIvsLogan





2 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/12(火) 10:53:31.15 ID:0biEU1wq9.net

「この戦いは、プロモーターのエディ・ハーンが皮肉を持って主張していたようにボクシング界にとって良かったことだったのか。
それとも、これまでのボクシング界で見られてきた悪い例の究極のカタチと評価すべきなのか。
この狂気(の試合)の前座として、2つの純粋な世界タイトル戦が扱われたボクシング界の現状を何と考えればいいのだろうか。
そして2人のユーチューバーたちが、無敗のビリー・ジョー・サンダースよりも多くのお金を持ち帰ることについては、何と評価すればいいのだろうか」という厳しい論調。
 
ワシントンポスト紙は「ユーチューバーのポールとKSIのボクシングの試合で重要だった唯一のことは、話題になること」との見出しを取って皮肉った。
KSIがポールに判定で勝利したことを伝えた上で、「結果はまったく重要ではない。
ただポール対KSIの試合は、できるだけ多くの視聴者を稼ぎ、ボクシングとユーチューブという別の世界からなる人々の一団に給料をもたらすことになる」と記した。

「2018年に英国のマンチェスターで満員の観客のもとで行われた2人のユーチューバーファイトは10ドル(約1000円)のライブ中継に80万人以上が申し込んだ。
今回の試合を中継したDAZNは、ワシントンポスト紙に、この試合の視聴者人数の詳細を提供しなかったが、
DAZNノースアメリカのジョセフ・マルコウスキー副社長は、『試合は大成功だった』という声明をEメールで伝えてきた」と続けた。
同紙が伝えたかったことは、ボクシングがただ商売に利用されただけということだろう。 

米国のCNNは、「ユーチューブスターのKSIが論議を呼ぶボクシング試合の再戦でポールを破る」との見出しを取って、
この試合を報じ「ボクシング界にとっては良いことだったのか」と問題提起している。
「WBC世界ライト級王者のハニーとWBO世界スーパーミドル級王者のサンダースの2人の世界王者は、それぞれ勝ちを収めたが、メインイベントの前に試合をしなければならなかった。
優秀なボクシング選手のハニーとサンダースへ敬意は払わねばならないだろうが、彼ら2人を合わせたところで、
人気面では、マッチルームスポーツのエディ・ハーンが『今年最大のペイ・パー・ビューによるボクシングイベントになる』として予言していたようなものにはならなかっただろう。
純粋なボクシングを求める関係者は、こういう傾向に懸念を口にしているが、タイソン・フューリー、デオンテイ・ワイルダー、アンディ・ルイスといったヘビー級王者は、このユーチューバーの試合に評価を与えていた」
つまりファンの関心を呼ぶのは、通常のボクシングの世界タイトル戦よりも、人気ユーチューバーの『色モノショー』という現実があるのだ。

KSIは、ただ乱暴にパンチを振り回しているだけだったが、終始積極的で、一発逆転を狙うポールの戦術もしたたかで、ワクワク感はあった。
ジャブやディフェンスなどの高度な技術はなかったが、確かにボクシングの原点の殴り合いの面白さはあり、試合の前後のインタビュートークもさすが人気ユーチューバーだけのことはあった。

この対決をメインに持ってくるのは、ボクシングの伝統や権威をないがしろにするものだったが、“視聴者数至上主義”の「DAZN」にしてみれば、
契約ボクサーの中では、サウル“カネロ”アルバレスや、ゲンナジー・ゴロフキン以外ならば、人気ユーチューバーが優先ということなのだろう。

日本でも「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」などという“色モノ企画”が話題になったこともあったが、ボクシング界にとってはなんとも複雑な捉え方になるユーチューバー対決となった。



36 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 11:13:31.75 ID:cTuxWSwM0.net

>>1
ローガンポールって青木ヶ原で自殺者の遺体を撮影したあのクソ野郎か


5 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 10:55:49.26 ID:5mW+oEAx0.net

この白人どっかてみたことあるなぁ思ったら樹海炎上クズ野郎じゃん


8 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 10:58:02.51 ID:G4gdzmUE0.net

日本だとこんなことを勝手にやると
プロライセンス剥奪されるんだっけ?


16 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 11:01:38 ID:RFyveTSF0.net

まあプロボクシングも興行だしなぁ
華のある素人同士の試合と
華のないプロ同士の試合では
どちらが金が集まるか


18 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 11:02:46 ID:Z4bSoq1R0.net

スポーツっていったって所詮興行だからな
より集客できる1戦の方がメインになるのはしょうがない


27 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 11:06:04.02 ID:uKpNUyIA0.net

めちゃくちゃいい身体してんな


39 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 11:17:35.53 ID:XLtW3Bla0.net

9800万ねぇ それでチャンネル登録増えるならいいんじゃない?w

今度はwweでも行けば


41 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 11:17:50.09 ID:jQZjIAEV0.net

スケールが違うなw


43 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 11:19:04.16 ID:uBe2I5qM0.net

いわゆる「やってみたww」シリーズだろ
好きな奴は好きなんだろうな


51 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 11:28:49 ID:1JvJiBHV0.net

さすがYouTube、めっちゃ面白い
テレビなんか見てる時代じゃない


52 名無しさん@恐縮です :2019/11/12(火) 11:29:16.66 ID:SbaUt6nA0.net

客さえ集めれば正義って事なの?